にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>にきびブログ

にきびブログ

新しいリジュビネーション(肌若返り)「iTED(アイテッド)」モニター募集
当院にはフランクションルレーザー、RFが数種あり
痤瘡瘢痕(ニキビクレーター)や肌若返りの治療に用いていますが
今回新しい原理のフラクショナルRF「Legato II」を試用します。
これは従来の高周波治療器「テノール」を改良し、フラクショナル(点状)に高周波を出すことで発生したマイクロプラズマが皮膚にアブレージョンと熱変性を生じることで、コラーゲンの合成と収縮を期待し、痤瘡瘢痕(ニキビクレーター)やシワやたるみを改善します。

さらに超音波を用いた画期的な薬剤導入システム「Impact」を併用することで相乗効果を期待できます。
これはマイクロプラズマで開けた小さな穴から
「Impact」が超音波の圧力で薬剤を真皮深くまで注入(たたき込む)します。
使用する薬剤を工夫することでいろいろな応用が可能です。

プラズマRFとImpactの両方が装備された治療器「Legato II」

マイクロプラズマを発生させるアプリケータ
先端はローラーになっていて、小さな突起が3〜15列に並び
転がすことで点状にプラズマを照射します。


出力を調整することで,アブレージョンと熱変性の割合を調節可能です。

下図はImpactです。

超音波の圧力により薬剤をたたき込むイメージで、注入します。

動物実験の結果です。
左側は
マイクロプラズマで穴が空いた状態に色素を塗布しただけでは
色素は表層だけにとどまっています。
右側は「Impact」を用いた後です。
色素が真皮まで注入されています。


日本で最初にこの治療を始めた
みやた形成外科・皮ふクリニックの宮田先生は
マイクロプラズマは熱エネルギーが強く、かつ表層へのダメージが少ないのが特徴で
炎症後色素沈着のリスクが他のフラクショナルレーザーより低く、瘢痕の改善だけでなくニキビもできにくくなるのが特徴と評価しています。

当院でもこのLegato IIを約1ヶ月借り受け、試用することになり、
学術モニターを募集します。

対象
当院ですでに何らかの痤瘡瘢痕治療(フラクショナルレーザー、イントラセル等)やリジュビネーション(若返り治療)をしたことがある方

5月末までの期間に施術できる方

募集人数
若干名

モニター料金 
30,000円(通常 80,000〜100,000円)

治療の流れ
● 麻酔クリームの塗布
麻酔クリームを塗布して、ラップをかけ約30分待ちます。
● 麻酔クリームを拭き取り、洗顔
洗顔後は顔全体痺れた感じとなっています。
● マイクロプラズマ照射施術(15~20分)
痛みは強いですが、我慢できるレベルです。
● クーリング(冷却)(10分)
● ImpactによるDNA導入(3分)

モニターの条件は
施術前と治療1ヶ月後にVISIA IIという肌診断機で写真撮影をさせていただきます。

撮影した写真を学会やホームページあるいは印刷物等で公表する際には、
プライバシー保護のために写真にはマスクいたします。
氏名・住所などの個人を特定できる事項は記載いたしません。
版権は当院に帰属するものとし、写真使用は無償。
使用時に個別の許諾は求めません。

※ ただし院長がモニターに適さないと判断した場合はお断りします。
また、上記モニター募集は定員に達し次第終了します。

まずは下記からお問い合わせください。
お問い合わせはこちら


名古屋 ニキビ跡 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック


■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック (2014年5月11日 20:34) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。