にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>にきびブログ

にきびブログ

日本美容皮膚科学会〜ニキビ治療の進歩
すでにこのブログでも書きましたが、今年になってニキビ治療の選択枝が拡がり
ベピオゲル、デュアック配合ゲルと外用剤に関しては欧米並みの治療が可能になりました。
しかし内服に関してはまだ遅れています。
イソトレチノインの内服は欧米では重症のニキビ(膿疱、嚢腫や瘢痕を繰り返し抗生剤が無効)に行われています。
イソトレチノインはにきびの原因となる皮脂腺の活動を強力に抑制し、炎症をおさえる事で、重症のにきびを改善します。
ただ副作用もり、催奇形性や肝障害です。

このため当院では
保険外診療にはなりますが、低用量ピル(マーベロン)やスピロノダクトンで男性ホルモンを抑える治療をしています。

現在は上記を行う前に 超低容量ピル(ヤーズ)を投与しています。
ヤーズは含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が現在発売されている低用量ピルよりもさらに少ない超低用量ピルです。
現在発売されている低用量ピルのエストロゲン量が0.03~0.04mgなのに対してヤーズのエストロゲン量は0.02mgと非常に少なくなっています。

また、含まれている黄体ホルモンもこれまで発売されている低用量ピルとは異なりドロスピレノン(DRSP) です。
DRSPはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているためむくみなどの副作用が出にくいという特徴があります。
また、スピロノダクトンほどでは無いものの男性ホルモン作用を抑える働きがあるのでニキビが改善します。

中等症の方や重症の方でも生理が止まるなどの副作用が気になる方はまずヤーズをお試し下さい。

名古屋 ニキビ・ニキビ跡治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック (2015年8月28日 22:39) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。