にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>にきびブログ

にきびブログ

新しい原理のニキビ跡治療「ティクセル」導入

ニキビ跡(クレーター)に対する最強の治療イントラセルかフラクショナルCO2レーザーであることは異論が少ないと思いますが、治療伴う痛みやダウンタイムが強いのが欠点でした。

 今回導入したティクセルはフラクショナルCO2レーザーと同等の効果を発揮するにもかかわらず
麻酔が不要でダウンタイムも軽度なことが特長です。
治療の原理は皮膚や皮下に照射することで熱が発生し、組織の熱損傷で創傷治癒機転を生じることで効果を発揮しますが、組織内の色や水分量によって、同じ出力で治療しても効果が変わってきます。
人の組織内の状況は人種などの個体差やその時の体調などによって変化しますので、同じ強さで治療を行っても治療効果に差が出るのはこのためです。
今回当院が日本で初めて導入したティクセルは単純な原理ながら、人の組織内の状況による治療のばらつきが起きにくいのが特徴です。

 

 

 


 ニキビ跡(クレーター)に対する最強の治療イントラセルかフラクショナルCO2レーザーであることは異論が少ないと思いますが、治療伴う痛みやダウンタイムが強いのが欠点でした。

 今回導入したティクセルはフラクショナルCO2レーザーと同等の効果を発揮するにもかかわらず
麻酔が不要でダウンタイムも軽度なことが特長です。

治療の原理は皮膚や皮下に照射することで熱が発生し、組織の熱損傷で創傷治癒機転を生じることで効果を発揮しますが、組織内の色や水分量によって、同じ出力で治療しても効果が変わってきます。
人の組織内の状況は人種などの個体差やその時の体調などによって変化しますので、同じ強さで治療を行っても治療効果に差が出るのはこのためです。
今回当院が日本で初めて導入したティクセルは単純な原理ながら、人の組織内の状況による治療のばらつきが起きにくいのが特徴です。

ティクセルの原理は400°Cに熱せられた突起のあるチップ(金属塊)です。

ちょうどフラクショナルレーザーと同じように点で治療します。
治療効果の強さは押しつける時間と深さです。
長く、深く接触させるほど強い治療になります。


適応は従来のフラクショナルレーザーと同じでリジュビネーション(若返り)とニキビ跡(クレーター)です。
メーカーのデータによるとティクセルはフラクショナルレーザーの中で一番強力なCO2レーザーと同等の効果を少ないダウンタイムで実現でき、また治療効果に個人差が出にくいことが大きなメリットとなっています。
さらにチップの接触時間と深さを調節することで蒸散、非蒸散を選択できます。
これにより蒸散させる場合は主にニキビ跡(クレーター)、非蒸散の場合はリジュビネーションに用います。

当院に日本第1号機が10月12日に納品されました。
まだ新しい治療ですので、スタッフやモニターの方で検証してから治療メニューに加えたいと思います。

早速試し打ち

左側だけ治療しました。

リジュビネーションの設定で照射しましたので、直後は赤くありませんが

しばらくすると赤くなります。でも赤みはこれくらいです。

あたった感じは少し熱いという程度ですが、直後からヒリヒリしています。

ヒリヒリ感は1時間くらいでかなりなくなり、2時間でほぼ消失しました。

フラクショナルレーザーの場合は5-6時間はヒリヒリ感と顔の熱さを感じますが

短時間で引きました。

またレーザーではないので上まぶたも普通にあてることができました。
 

翌日の皮膚のマイクロスコープ(30倍)

透過光                    反射光

 

 

 このように点状の痂皮(かさぶた)ができますが 、リジュビネーションの場合はこの程度なのでお化粧をすれば気にならないレベルだと思います。

■この記事があなたのお役に立てたら、
ぜひ以下の  Facebook「いいね」ボタンのクリックをお願いします!
この記事がお役に立てるようでしたら、
下記をクリックしてつぶやいて下さい。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック (2016年10月22日 23:55) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。