にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>にきびブログ

ブログ

ティクセルによるニキビ跡(陥凹) 治療 サーモ・スタンプ
すでにこのブログで紹介した新しいニキビ跡(陥凹)治療、ティクセルですが、
当院ですでに行っているピクセルと間違いやすいので他の名前はないかとスタッフに言われました。
確かに電話で予約を受ける時に聞き間違えや患者さんの言い間違えが起きる可能性があります。

このためティクセルによる治療を「サーモ・スタンプ」という施術名にすることにしました。

400°Cの熱によるスタンプという意味で名付けました。

治療をご希望の方は「サーモ・スタンプ」といって予約をお取り下さい。

ただし現在はまだ無料モニターの方だけの治療になっています。

正式に始める場合はこのブログでお知らせしますので、もう少しお待ち下さい。

無料モニター募集についての詳細はこちら!

名古屋 ニキビ跡 再生医療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック



投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新しい原理のニキビ跡治療「ティクセル」導入

ニキビ跡(クレーター)に対する最強の治療イントラセルかフラクショナルCO2レーザーであることは異論が少ないと思いますが、治療伴う痛みやダウンタイムが強いのが欠点でした。

 今回導入したティクセルはフラクショナルCO2レーザーと同等の効果を発揮するにもかかわらず
麻酔が不要でダウンタイムも軽度なことが特長です。
治療の原理は皮膚や皮下に照射することで熱が発生し、組織の熱損傷で創傷治癒機転を生じることで効果を発揮しますが、組織内の色や水分量によって、同じ出力で治療しても効果が変わってきます。
人の組織内の状況は人種などの個体差やその時の体調などによって変化しますので、同じ強さで治療を行っても治療効果に差が出るのはこのためです。
今回当院が日本で初めて導入したティクセルは単純な原理ながら、人の組織内の状況による治療のばらつきが起きにくいのが特徴です。

 

 

 


投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本美容皮膚科学会〜ニキビ治療の進歩
すでにこのブログでも書きましたが、今年になってニキビ治療の選択枝が拡がり
ベピオゲル、デュアック配合ゲルと外用剤に関しては欧米並みの治療が可能になりました。
しかし内服に関してはまだ遅れています。
イソトレチノインの内服は欧米では重症のニキビ(膿疱、嚢腫や瘢痕を繰り返し抗生剤が無効)に行われています。
イソトレチノインはにきびの原因となる皮脂腺の活動を強力に抑制し、炎症をおさえる事で、重症のにきびを改善します。
ただ副作用もり、催奇形性や肝障害です。

このため当院では
保険外診療にはなりますが、低用量ピル(マーベロン)やスピロノダクトンで男性ホルモンを抑える治療をしています。

現在は上記を行う前に 超低容量ピル(ヤーズ)を投与しています。
ヤーズは含まれている女性ホルモン(エストロゲン)の量が現在発売されている低用量ピルよりもさらに少ない超低用量ピルです。
現在発売されている低用量ピルのエストロゲン量が0.03~0.04mgなのに対してヤーズのエストロゲン量は0.02mgと非常に少なくなっています。

また、含まれている黄体ホルモンもこれまで発売されている低用量ピルとは異なりドロスピレノン(DRSP) です。
DRSPはこれまでの黄体ホルモンに比べて、体の中にある自然な黄体ホルモンにとても近い働きを持っているためむくみなどの副作用が出にくいという特徴があります。
また、スピロノダクトンほどでは無いものの男性ホルモン作用を抑える働きがあるのでニキビが改善します。

中等症の方や重症の方でも生理が止まるなどの副作用が気になる方はまずヤーズをお試し下さい。

名古屋 ニキビ・ニキビ跡治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新しいニキビ治療薬「デュアック配合ゲル」が製造承認
ベピオゲル2.5%の発売日が明後日の4月1日に迫って来ましたが、
また新しいニキビ治療薬「デュアック配合ゲル」が登場し、3月26日に製造承認されました。

 


「デュアック配合ゲル」は
皮膚や毛包漏斗部でのアクネ菌の増殖抑制が期待できるリンコマイシン系抗菌薬のクリンダマイシン(以下CLDM)と、殺菌作用と角質剥離作用を有する酸化剤で、海外では尋常性ざ瘡の標準治療薬として50年以上使用されている過酸化ベンゾイル(以下BPO)を配合した外用剤です。 

また、「デュアック配合ゲル」は尋常性ざ瘡治療剤としては国内初の配合剤となります。 
つまりすでに使用されているダラシンTゲルとベピオゲルの両方の作用を持った治療薬になります。

日本での臨床試験の結果では
クリンダマイシン単独よりもデュアック配合ゲル群の方が、炎症性皮疹数が塗布2週間で62.5%、12週間で88.6%減少したという結果でした。

ただデュアック配合ゲルがBPO単独よりも効果が高いのかはまだ不明です。

いずれにしろニキビ治療にまた強力な治療薬が加わったのは間違いなく、
発売される日が待ち遠しいです。

名古屋 ニキビ・ニキビ跡治療 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック

投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ベピオゲル2.5%新発売
日本ではニキビの毛穴つまりを撮る薬剤にはディフェリンゲルしかありませんが、
これでも難治だったり、身体のニキビには適応がないため
欧米では一般的に使用されているニキビ薬のベンジルパーオキサイド(過酸化ベンゾイル)を 自家製剤で作成し治療に使用してきました。

この成分は強い酸化作用により強力にアクネ菌を殺菌します。
またこの薬は同時に角質を剥離する作用もあり、
ニキビの二大原因を取り除く強力なニキビ薬です。

1週間塗れば、ほぼ100%アクネ菌を殺菌でき、毛穴の角質を除去します。

欧米では通常10%の濃度が使われていますが、 日本人の肌には刺激が強すぎて使用できませんので 当院では3%の濃度のものを使用していました。

その後メラノキュアHQジェルを販売しているグラファラボラトリー社が このベンジルパーオキサイドを2.5%配合した メラノキュアBPエマルジョンを発売しました。

当院の自家製剤のものより安定性があり、
常温でも保管できるため 重宝していましたが
BPOの日本での臨床試験が終了し、承認待ちとなったため
メラノキュアBPエマルジョンは発売を終了しました。

このため当院では再度、3%BPOの自家製剤を作って使用してきました。

そしてついに昨年末にBPOの製造承認がおり、2月に薬価収載予定、4月頃発売が決定しました。

その名も「ベピオゲル2.5%」です。

 

DRX AZAクリアに引き続き、ニキビ治療の選択肢が増えました。

「ベピオゲル2.5%」の位置づけは
身体のニキビ、
ディフェリンゲルが使えない方や
ディフェリンゲルやAZAクリアが効果がない重症のニキビの方に
おすすめです。
投稿者 佐井泌尿器科・皮フ科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。
お電話による受け付けも可能ですので
診療時間内にご相談ください。