にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>治療一覧

イントラセル

イントラセルがバージョンアップ!針なしチップが使用可能に
イントラセルがバージョンアップして3つの機能が増えました。

針なしチップ(SRR)

イントラセルは1回でもしわ・たるみの改善を実感できる治療ですが、
治療に伴う痛みとダウンタイムがあるため、
スキンリジュビネーションのために行うには少し敷居が高い治療でした。

今回イントラセルがバージョンアップして
eマトリックスのような針のないチップが使用できるようになりました。
これにより麻酔が不要になり、お手軽な治療価格でお受けいただけるようになりました。

針なしチップ(=サブレイティブ・チップ)は、当然針がないため出血は一切ありません。
$院長が自ら行った最新美容治療体験記
写真はチップの拡大写真ですが、先端が丸くなっているのが分かります。
先端に高周波を流すことで、表皮から真皮上層まで熱損傷を生じます。
針付のチップとは違い皮膚表面にも熱損傷を生じますが、
表面は極小の点で深くなるほど逆台形に広がっていくことが特徴です。
これはレーザーとは全く逆の作用です。

治療の痛みは麻酔なしでも少しちくっとする程度で、
治療後は顔全体が熱くてヒリヒリしますが、数時間で消失します。
通常、赤みは当日、長くとも翌日に消えることがほとんどで
当日から化粧をすることが可能です。

特に、皮下出血が心配であった眼の周囲の皮膚が薄い部分のたるみやしわの改善に最適です。
Syneron社のeマトリックスと同様の治療がイントラセルで可能になり、
リーズナブルな料金で提供できるため、気軽に受けられると思います。

料金 顔全体 1回 63,000円 (4週間に1回、4~5回)
対象 スキンリジュビネーション(肌の若返り)
眼の周りのたるみやしわの改善や肌全体の引き締め
浅いニキビ跡の陥凹
(深いものは針付チップの方が効果があります)


リアルタイム電気抵抗計測システム
~リアルタイム・インピーダンス・マッチング・システム~

生体に電気を流すと組織によって電気抵抗値が異なるので、 同じ強さで電流を流しても発熱量に差が出るのが普通です。 例えば、40Vの電圧を筋肉と脂肪にそれぞれ加えると、 それぞれの生体抵抗値の違いから、発熱量が約200倍の差が生じるといわれています。 新型イントラセルは、患者個人毎や照射部位により違いが生じる生体の電気抵抗値を、 施術中にリアルタイムで測定しながら、その抵抗値に応じて電圧を変化させます。 これにより治療部位に作用する熱量が常に一定になり、 均一な施術をおこなうことができるようになりました。

モノポーラーRF

テノールのユニポーラーのようなモノポーラーモードは一般的にはより深く加温できるのですが、このモノポーラーモードも使用できるようになりました。 従来のバイポーラーモードとは異なり、大きなタンパク質変性を生じさせることで強い肌の引き締め効果を得られるようになりました。 $院長が自ら行った最新美容治療体験記
左側はモノポーラーで照射した後の真皮の組織像です。 右は既存のバイポーラーで施術した時の組織像です。 既存のバイポーラーが卵円形のしっかりとした変性なのに対し、モノポーラーは大きく広い変性となっています。

新型イントラセル究極の治療法
TLT(トータル・レイヤー・セラピー)

リアルタイムで生体内の電気抵抗値を測定し、より均一のな施術が可能となった新型イントラセルですが、さらに新たに針無しモードとモノポーラーモードが加わり表皮から真皮まですべての深さの治療を比較的軽度のダウンタイムで1台の機械でおこなうことが可能となりました。 $院長が自ら行った最新美容治療体験記
針の長さをうまく調節すれば、既存のバイポーラーで固いタンパク質変性の支柱を作り、モノポーラーで真皮中間層に広いタンパク質変性を作る。 そしてイントラセルでは難しかった表皮~真皮乳頭層あたりの浅い層の加温を針無チップで施術する。これにより、皮膚全体を思うようにタンパク質変性させることができ、これまでにない相乗効果を期待できます。

$院長が自ら行った最新美容治療体験記

モノポーラーRFとTLTについてはパラメータ等の設定の調節が必要なため
実際の治療メニューに入るにはもう少しお待ち下さい。

針なしチップに関してはすでに行っていますので、
興味のある方は診察にお越しになるか施術の予約をお取り下さい。


フラクショナルRF 「イントラセル」 治療の流れ
● 麻酔クリームの塗布
麻酔クリームを塗布して、ラップをかけ約15分待ちます。
15分後クライオセル・ケアシスを用いて、麻酔クリームの導入を15分行います。
麻酔クリームを拭き取り、洗顔
洗顔後は顔全体痺れた感じとなっています。
イントラセル施術(15~20分)

クライオセル・ケアシスによるB-TCES導入
鎮静化と植物幹細胞由来成長因子によるイントラセルの効果増強
ホームケア(施術料金とは別に必要です)
コラーゲン合成を促すEGF(上皮細胞成長因子)の入った化粧品の使用を自宅でのケアでお使い下さい。
EGFリニューローション(100ml) 6,500円(税抜)
EGFリニューセーラム(30ml) 12,500円(税抜)
 
 
「イントラセル+モザイクhpまたはピクセル」とブリッジセラピー
イントラセルのニキビ跡の治療結果
問い合わせ