にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>治療一覧

| レーザー |

ニキビ痕の凹凸・肌老化に対する
ピクセル2940レーザーと増殖因子(GF)治療

 
従来、ニキビ痕の凹凸やしわなどの皮膚の老化による肌表面のトラブルを解決する治療の中で最も効果的なものはCO2レーザーやエルビウムヤグレーザーを用いたリサーフェシング治療(皮膚をレーザーで一度削り取って完全に入れ替える方法)でした。これらのレーザーは水分に吸収され表皮を剥脱するアブレイティブ・レーザーの代表で皮膚を面でリサーフェシングしますが、欠点は治療に麻酔が必要でさらに術後表皮がなくなるため、カーゼによる被覆が10日~2週間必要なことです。また黄色人種である日本人では白人と違って治療後の色素沈着が必発で、これは回復まで約6ヶ月間を要します。このためこの治療を行うにはかなりの覚悟が必要でした。


ピクセルレーザーは皮膚の水分に反応する波長が2940nmのアブレイティブ・レーザーであるエルビウムヤグレーザーを用いて皮膚を極小の点(ドット)でリサーフェシングする治療器です。約1cm平方の面積あたり49~81個の点でレーザーを照射し表皮を削ります。面ではなく点で治療することがピクセルレーザー最大のポイントです。

ピクセルレーザーの点でのリサーフェシングは皮膚表面のほとんどの角質層を温存するので、バリア機能は保たれます。 治療後のダウンタイムは3~7日の赤みはありますが、日常生活には影響はほとんどなく治療直後からのメイクやヒゲ剃りも可能です。



副作用は通常のリサーフェシングと同様に炎症後色素沈着ですが、1回の治療では顔の12-20%を入れ替えるだけですので通常軽度ですむことが多いです。
またピクセル2940レーザーは点状に表皮に穴があくことになりますので、皮膚からの薬剤の吸収が高まります。さらに当院ではクライオセル・ケアシスを用い、ピクセル2940レーザー後の皮膚の早期の沈静と各種増殖因子(GF)を含んだB-TCESを高濃度皮膚に入れることで、ピクセルレーザーの効果増強や副作用軽減を期待します。

2006年11月23日(治療前)            2006年12月28日(1ヶ月後) 

※毛穴の開きが小さくなり、皮膚表面が滑らかになっている   
 
       
2006年11月23日(治療前)           2007年2月10日(2回治療後)

※目の周辺の小じわが改善しています
          
 

照射後の皮膚の状態
治療回数は4~6回で、治療間隔は4週間です。
治療費は全顔の場合 1回 50,000円税別
前額以外 1回 40,000円税別
(ケアシスによる増殖因子治療を含む)



治療に伴う主なリスクは軽い火傷です。。

主な副作用は火傷を生じた場合はかさぶたができ、赤みや色素沈着が残る場合があります。

 
問い合わせ