にきび治療は名古屋の佐井ニキビ・跡クリニックへ
HOME>治療一覧

| クライオセル・ケアシス |

冷却エレクトロポレーション クライオセル・ケアシス
クライオセル・ケアシスは皮膚に接触する面が-20℃になり、
冷却しながらエレクトロポレーションが可能な機械です。
この機械は皮膚を冷却することで治療による熱損傷で生じるダウンタイムを軽減できるだけでなく
冷却することで血管が収縮し、導入した薬剤が血流によって消失してしまうのを
抑えることができるため皮膚に長時間薬剤をとどめることがで きます。
エレクトロポレーションは電気刺激で皮膚に目に見えない穴をあけることで、注射をしなくても高濃度の薬剤を注入できます。
これにより侵襲の強いイントラセルやモザイクなどの治療後のダウンタイムをできるだけ短く、軽くする事が期待できます。

治療に伴う主なリスクは軽い火傷です。。

主な副作用は火傷を生じた場合はかさぶたができ、赤みや色素沈着が残る場合があります。

 
問い合わせ